竹内智香がかわいい!実家の温泉「湧駒荘」や不祥事についてもチェック!

スポンサードリンク


平昌五輪日本代表の竹内智香(たけうちともか)が可愛いと話題になっています。

前回ソチ五輪では銀メダルを獲得した彼女。

もしかしたら今回が最後の五輪挑戦となるのではないかとも思いますが、そんな彼女の魅力や経歴など気になるところをまとめてみました。

出典(https://saisin-news.com/takeutitomoka-kekkonn/)

スポンサードリンク


竹内智香 プロフィール

生年月日 1983年12月21日
生誕地 北海道旭川市
身長 165㎝
体重 62㎏

種目 スノーボード・アルペン
所属 広島ガス
使用メーカー ブラックパール

62kgと聞けば重そうに聞こえますがそこはスポーツ選手なので筋肉の塊なのでしょうねえ。

英語とドイツ語を話すことが出来、ドイツ語は母親にドイツ語のテキストを送ってもらうなどして、約3か月でマスターしたそうです。

スポーツだけでなく頭も良いのですね!

14歳の時に見た長野オリンピックに影響を受けて彼女のスポーツ人生は始まったようです。

初の五輪出場は高校在学中の2002年、ソルトレイクシティオリンピックで22位。

2006年のトリノオリンピックでは9位。

そしてソチオリンピックでは銀メダルを獲得しました。

波乱万丈の選手生活を経て今なお34歳でも現役で挑戦しているのです。

戦績は以下になります。

2015年世界選手権 3位(パラレル大回転)
ソチオリンピック 2位(パラレル大回転)
バンクーバーオリンピック 13位(パラレル大回転)
トリノオリンピック 9位(パラレル大回転)
ソルトレイクシティオリンピック 22位(パラレル大回転)
2009年世界選手権 4位(パラレル大回転)
ワールドカップ最高順位 1位(2012年)
ワールドカップ表彰台 10回(1位 1回、2位 8回、3位 1回)
FISワールドカップ08~09 PGS総合3位

出典(http://topic.entertainment555-attention-column.com/2831.html)

スポンサーリンク

不祥事?

スノーボードの選手といえば過去に未成年選手の大麻使用や飲酒など不祥事が相次ぎ問題となりました。

しかし竹内智香選手に関しては不祥事を起こした過去はありません。

スノーボード選手だから。という理由で不祥事を起こしたと思われてしまったようで可哀想ですね。

性格

出典(https://global-wifi.com/go-beyonder/001_5.html)

彼女の性格についてですがとても前向きで明るい性格であるようです。

というのも2016年3月にドイツで行われたW杯で左膝前十字靭帯を断裂してしまいました。

大きな怪我なので手術を何回も行ったようです。

普通であればメンタルはやられてしましいそうなところですが、前向きに乗り越えてしまったようです。

ブログには

「怪我をしたことへのショックな気持ちや焦りはゼロで逆に新しい経験ができるんだとワクワクした気持ちでもありました。
“怪我をして学べることがある”とよく言いますがその通りで怪我をしたことで今まで苦手だったトレーニングに対する気持ちもガラリと入れ替わり手術をしてからも術後1日目、2日目、3日目と毎日カウントダウンできることの楽しさ。
術後初めて立てること歩けるよになること階段の上り下りができることバイクに乗れること走れることジャンプができること日々のステップアップがとても充実していて
赤ちゃんの頃にしか経験できなかったようなコトを大人になり意識のあるなかで経験できる。
この世界が独特でとにかく毎日が充実でした。」

ものすごいメンタルの持ち主ですね。

現在も現役として活動できる強さはここにあるのでしょう。

実家は温泉旅館

出典(http://blog.goo.ne.jp/sakuraokaarch/e/b79c747b6bdfa48cd72c1eaf944a5e2c)

そんな彼女の両親は実は旅館を経営しています。

湯元 湧駒荘(ゆこまんそう)という温泉旅館ですね。

可能な限り自然を取り入れたという有名な旅館で、過去には皇族も宿泊したことがあるとか。

宿泊料金は11,000円~で、温泉だけの利用も可能なようです。(神々の湯 大人入浴料600円)

現在は竹内智香選手のお兄さんが料理長をされているようです。

ご飯がおいしい!ということでも有名なようですよ!

シーズンオフ時には竹内智香選手が手伝いをしていることもあるようで、もしかしたら会えるかもしれません!

「湯元 湧駒荘」
住所:北海道上川郡東川町
TEL:0166-97-2101
FAX:0166-97-2103
HP:http://www.yukoman.jp/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする