小袋成彬とは何者?曲や出身大学、彼女、宇多田ヒカルとの関係は?

スポンサードリンク


小袋成彬さんをご存知でしょうか?

宇多田ヒカルのプロデュースする新人アーティストの名前なのですが、2018年1月17日に「Lonely One feat.宇多田ヒカル」を音楽ストリーミングサービスで先行配信し、4月25日にファーストアルバム「分離派の夏」をリリースする予定だそうです。

あの宇多田ヒカルがプロデュースということも大変珍しいことなのですが宇多田ヒカルが惚れ込んだ彼の才能など気になるところをまとめてみました。

出典http://getnews.jp/archives/1588767

スポンサードリンク


小袋成彬 プロフィール

生年月日 1991年4月30日(26歳)
出身地 東京
職業 作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー、Tokyo Recordings 代表取締役、ミュージックビデオ監督

歌手としての活動以外にも色々されているようですね。

音楽活動としては大学時代からコピーバンドなどを始め、2013年にライブで共演した國本怜と共にR&Bユニット、N.O.R.K.を結成、ボーカルを担当していたそうです。

2014年に音楽レーベルTokyo Recordingsを設立。

出典http://www.sensors.jp/post/tokyo-recordings-obkr.html

綿めぐみやCapesonなどのアーティストを輩出し、新進気鋭のレーベルとして音楽界から大きな視線を集め、音楽雑誌、ファッション雑誌にわたるまで多くのメディアで特集が組まれたそうです。

OKAMOTO’Sや柴咲コウ、きゃりーぱみゅぱみゅ、Keishi Tanakaなどの作品に関わりキャリアを積み上げていきます。

2016年9月には宇多田ヒカルのアルバム『Fantome』収録曲の「ともだち」に客演参加。

順調にキャリアを積み上げていき裏方から表舞台に活動の舞台を移す、という流れなのでしょうね。

出典http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180116-OHT1T50264.html

宇多田ヒカルさんは「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない―――そんな使命感を感じさせてくれるアーティストをずっと待っていました。私と出会うまでレーベルオーナーとして主に裏方作業に徹していた小袋成彬の表現者としての真の目覚めに立ち会えたこと、そしてソロデビューアルバム『分離派の夏』の完成をこうして皆さんに伝えられる幸運に感謝しています」と絶賛のコメントを発表しています。

スポンサーリンク

出身大学は?

調べていくと、大学どころか中学まで判明したので載せておきます。

立教新座中学校

立教新座高等学校

立教大学

というエスカレーター式の流れで進学していたようです。

彼女は?

水曜日のカンパネラのコムアイさんと付き合っているのでは?という噂があったようです。

しかしこちらはあくまでも仕事上の付き合いといった感じでしょうね。

菜々緒さんとも噂がありました。

ラジオのゲストに招いたり菜々緒さんのお母さんとも繋がりがあるとか。

しかしこちらもあくまで友達なようです。

食事などはよく行かれているようですが、、、

音楽プロデューサーという肩書きからするとさぞかしモテそうな気もしますがこれといった情報は今の所ありません。

もしかしたら大物ミュージシャンと付き合ってたりして、、という期待を込めて今後に期待しましょう。

曲や声は?

少し掠れた儚げなファルセットから、慟哭するような絶唱まで、歌い手としての評価も抜群な小袋成彬さん。

一応宣伝動画は公開されているようですがその本質はまだ明かされていませんね。

2018年目を離せない本格派のアーティストの一人です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする