バーチャルYoutuberの作り方は?四天王や中の人についても調査

スポンサードリンク


ここ数年ユーチューバーという職業が注目されています。

有名なところでいうとHIKAKINやヒカル、ジョーブログなどが知られています。

トップユーチューバーとなると収入も億単位になる世界なのですが、ここ最近バーチャルユーチューバーというものが注目されています。

ネットの世界でさらにバーチャル??

いよいよ近未来な感じがしてきましたね。

今回はそんなバーチャルユーチューバーについてまとめてみました。

スポンサードリンク


バーチャルユーチューバーとは?

通常のユーチューブと異なり人間が出てくるのではなく、3DのCGキャラクターをユーチューバーとして出演させ、展開していくというものです。

分かりやすく言うとアニメとユーチューブの融合という感じでしょうか。

スポンサーリンク

バーチャルーユーチューバー四天王

そんなバーチャルユーチューバも現在では数多く登場していますが四天王といわれているバーチャルユーチューバーを紹介します。

・キズナアイ

本名   キズナアイ

性別   不明(自称男でも女でもない)

出身地  不明

誕生日  6月30日

年齢   不明(自称5歳)

身長   156cm

職業   バーチャルYoutuber

スリーサイズ  B85、W59、H83

好きなアーティスト   欅坂46

人間と同じようにプロフィールもしっかり設定されています。

・ミライアカリ

キズナアイが天然ポンコツスタイルのキャラなのですが、ミライアカリは苦労人キャラです。

記憶喪失だった彼女が自分を取り戻すべく、鋼メンタルでなんにでも挑戦。

当たって砕け散る、自称バーチャル芸人です。

・バーチャルのじゃろり狐娘ユーチューバーおじさん

凄い名前ですねえ笑

「のじゃ~」という語尾が特徴です。

声をボイスチェンジャーすら使用せずに収録しているため可愛らしいキャラクターがおじさんの声で喋るという奇妙さが最大の特徴です。

要はおっさんです、中身は。

・輝夜月(かぐやるな)

ホストのような名前ですねえ。

銀髪に碧眼、黒い着物をアレンジしたようなミニ丈のワンピースに赤い帯とカラータイツがトレードマークです。

美人な見た目からは全く想像がつかない『首絞めハム太郎』などとも揶揄される声と異常なテンションの高さが話題となり、チャンネル開設からわずか2週間で登録者数が10万人を突破したそうです。

作り方は?

作り方はCGアニメと基本は変わらないようです。

声を入れながらキャラクターをうごかし、3Dアニメーションを作る、ということですね。

CGでモデリングした後3Dモーションキャプチャで動きをつけ、そのあと声優さんが声を入れます。

そしてユーチューブ用に動画を作成し投稿、という流れです。

バーチャルユーチューバはチームによって作成されているそうで一本の動画をつくるのに莫大なお金がかかるようです。

通常のユーチューバーであれば動画の撮影から編集、投稿まで
全てを一人か二人で行なっていますが、バーチャルユーチューバーは制作にも多くの人が関わっていますからねえ。

国内ではActiv8株式会社というところが特化して作成しているようです!

ちなみにキズナアイの収入でいうと

獲得金額 764万3007円
平均年収 655万1149円
再生回数 6369万1731回
チャンネル登録者数 129万159人

という感じだそうです。

まだまだ収支がとれてないような気もしますねえ。

2018年はブームになる可能性大なので今後伸びていくジャンルであると思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする