長崎のあんでるせん(マジック喫茶)の手品や料金、アクセス方法は?

スポンサードリンク


長崎県の新たなる観光名物となりそうな喫茶店「あんでるせん」をご存知でしょうか。

巷ではマジックバーが流行っていますがここは老舗のお店で手品のレベルも他とは一味違うようです。

そもそも私が「あんでるせん」を知るきっかけになったことがあります。

「あんでるせん」を訪れた友人の話なのですが、その友人は「あんでるせん」に予約をせずに行ったようです。

ところがお店は休業日だったそうな。

で、お店のドアに一枚の張り紙が、、

「○○様 本日はあんでるせんは休業日となっています。またのお越しをお待ちしています」

そう、その○○の名前は訪れた友人の名前だったそうです。

聞いた瞬間におもわず「え!!」と言ってしましました。

今回はそんな四次元パーラあんでるせんについて調査してみました。

スポンサードリンク


あんでるせんとは?

簡単にいうとマジックを見せてくれる喫茶店です。

現在は大人気の用で予約は2か月先まで埋まっています。

店内の壁には訪れた人の写真が貼ってあるのですがその数も半端じゃないです。

まあ老舗ということもあると思いますが、いかに人気があるかということですよ。

基本的には喫茶店なのでメニューはコーヒーやカレーといった定番のものが並んでいます。

お店のルールとしてはマジックの鑑賞は無料、しかし注文は800円以上することがルールとなっているようです。

マジックショーは一日1回行われています。

昼の部は11時に入店して、終わるのが16時くらいとなっています。

長時間なように見えますがショーが始まれば時間は一瞬ですよー。

店内は狭く、席数30ちょっとといった感じですね。

マジック

適当に食事を済ますとマジックショーが始まります。

マスターらしき眼鏡をかけたおじさんが軽快で面白い冗談を交えながらショーははじまります。

マジックのレベルはとても高く、テレビでやっているようなものより凄いと思います。

店内に入って、名前を聞かれる前に名前を言われたりというようなこともあったり

お客さんに紙に絵を描かせるのですが、描いたものと全く同じ構図の絵があらかじめ描かれていたり

瓶がねじ曲がったりトランプを用いるものやフォークが曲がる、

などの定番の物も1ワンく上のマジックとして披露されています。

あまり書くと行った時の楽しみがなくなってしまいますので実際に足を運んで見てみてください。

そこには衝撃の連続の光景がありますよ。

スポンサーリンク

アクセス方法

最寄り駅は長崎県の「JR川棚駅」となっています。

「JR長崎駅」からであれば快速電車の「シーサイドライナー」で1時間ちょっとくらいですね。

「JR川棚駅」からは徒歩5分かからないくらいですね。

住所は長崎県東彼杵郡川棚町栄町2

電話番号は0956-82-2375

お店の予約は電話のみの受付となっているようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする