メイガス(マジシャン)の経歴やトリック(タネ)は?本名についても!

マジシャンのメイガス(MAGUS)がかっこいいと話題になっています。

イケメンマジシャンのメイガスさん、最近ではテレビへの出演も多く売れっ子ですね。

今回はそんなメイガスさんについて調査してみました。

スポンサードリンク


メイガス(MAGUS)プロフィール

名前:MAGUS めいがす

生年月日:非公開 8月27日

出身:北海道函館

血液型:O型

学歴:武蔵野美術大学造形学部油絵学科(1995年卒業)

身長:180㎝

体重:65㎏

職業:マジシャン

所属:The Academy of Magical Arts(マジック・キャッスル マジシャン・メンバー)

180cmもあるのですね!生年月日は非公開になっていますが恐らく40代であると思います。

本名も非公開なのですが、調査しまくったところ分かりました!

「ハナダケイスケ」さんだそうです。

武蔵野美術大学をでているということで手先はやはり器用なのでしょう。

もしかしたらマジックの小道具にも役立っているかもしれませんね。

スポンサーリンク

マジック トリックは

メイガスさんのマジックには信念があるようで

「NO CAMERA TRICKS, NO STOOGES,NO CGI」

と記されています。

要はトリックのみでマジックを披露し、テレビ局側の編集や加工などによるヤラセはしない、ということでしょうね!

さすが実力派といったところでしょうか。


いやーーー凄いですね。。。

トリックが全く分かりません笑

受賞歴

マジックの世界では表彰や肩書なども目安になるのですがメイガスさんはどうでしょうか。

調査してみたところ

・マーリン・アワード 2018を受賞

・ジャパン・カップ 2018 マジシャン・オブ・ザ・イヤー受賞

マーリン・アワードという賞は特に権威のある賞だそうです。

マジック界のアカデミー賞ともいわれているモノですね。

過去にはデビッド・カパーフィールドなどが受賞しており、日本人では島田春夫氏や故マーカ・テンドー氏が受賞しています。

受賞式のために初来日したトニー・ハッシーニ会長は「メイガスは、若くてタレント性があり、素晴らしいスキルのあるマジシャンだ。彼は、どんなマジックでも披露できるし、何よりも、他の人にマジックを提案し提供できるクリエイティブな力がある。IMSでは、世界で一番“創造力”のあるメイガスを讃えることにした」と絶賛しています。

メイガスさんは「マジックはお金と時間、そしてモチベーションを維持するのが大変です。なけなしの気持ちを集めて頑張ってきました。支えて下さった皆様のお陰です」とコメントをされています。

プロのマジシャンはトリックを人から購入したり使用する権利でお金を払ったりと莫大な活動費用がかかることも有名ですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする