松本花奈(映画監督)の作品は?経歴や大学、HKTとの関係は?

スポンサードリンク


若干20歳の映画監督、松本花奈さんをご存知でしょうか?

この若さで映画監督というのもあまり聞いたことがないですよね。

将来期待大の映画監督、松本花奈さんさんについて調査してみました。

スポンサードリンク


松本花奈 プロフィール

生年月日 1998年1月24日

出生地  大阪府

身長 164 cm

職業 映画監督、女優

映画監督という事ですが、映像制作の原点は中学時代にまでさかのぼるそうです。

16歳の時に(2014年)監督・脚本・編集を手掛けた「真夏の夢」がNPO法人映画甲子園主催eiga worldcupの最優秀作品賞に選ばれ、2015年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門に正式出品など、若いですけれど実力派の監督の様ですね。

スポンサーリンク

作品は?

映画以外にもテレビドラマやMVの監督もされているようです。

多くの作品で監督をしているようで、ザっとまとめてみました。
映画
真っ赤なポピー(2014年)
真夏の夢(2014年)
脱脱脱脱17(2016年)
スクールアウトサイダー(2017年)
過ぎて行け、延滞10代(2017年)
東映 presents HKT48×48人の映画監督たち「血まみれ Bitter Sweets」(田中美久担当)(2017年)
テレビドラマ
平成物語(2018年3月24日・31日、フジテレビ)
WEBドラマ
片思い送信中(2017年、Simeji特設サイト)
ネスレシアター 星に願いを(2018年)
MV
竹友あつき「ワレモノ注意」 – ショートショート フィルムフェスティバル & アジア出品作品
井上苑子「大切な君へ」
Softly「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」(あかりとまさき 告白編)
花澤香菜「ざらざら」
室井雅也「A GIRL BY SEASIDE」
Sonar Pocket「一生一瞬」(脚本・編集)
たぴみる「発見者はワタシ」(脚本・編集)
HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」
Utopia League「Lucky Boy & Lucky Girl」「Beer」
羊文学「Step」

20歳にしてものすごい数の作品を作っているのです。

おそらくMV作品で一番話題になったのはHKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」でしょうね!

ここで一気に監督としての名前が広まった気はします。

出身大学は?

映画監督としての活動をしていますが、実は現役大学生なのです。

現在、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに通う大学4年生です。

学部や学科ですがおそらく「メディア研究科」という学科のようですね。

勉強もできるのですねえ。

学問に映画製作、さらには制作費のためにカフェでアルバイトもしているようです。

絶対に映画監督として成功してほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする