崎山蒼志が凄い!曲や声、経歴は?ゲス極川谷やくるり岸田も絶賛!

スポンサードリンク


崎山蒼志くんという15歳の高校生を知っていますか?

若干15歳にして持ち歌300曲以上という将来絶対売れそうなシンガーソングライターなのです。

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんや「くるり」の岸田繁さんなど大物ミュージシャンをも唸らせた天才少年なのです。

間違いなく今後ブレイクするであろう1人なのです。

今回はそんな崎山蒼志くんについて調査してみました。

スポンサードリンク


崎山蒼志 プロフィール

崎山 蒼志(さきやま そうし)

2018年現在高校1年生

4歳半からギター教室でクラシックギターを習い始める。

7歳から現在までエレキギターに転向。

作曲を始めたのはなんと6歳の時からだそうです。

そして中3の時点で作曲数300を越えたとか、、

幼少期から音楽が身近にあり教育を受けていたのでしょうね。

2018年5月9日に放送されたAbemaTVの番組「日村がゆく 〜第3回高校生フォークソングGP〜」で、見事優勝を果たしました。

そのセンスと独自の歌唱法と世界観から、審査員が「怪物」と言われるほどの評価も受けていましたね!

「自転車に乗れない」などと子供っぽい一面を見せつつ、歌い始めたら一瞬で空気が変わりましたからね。

同番組では「〜samidare〜 五月雨」という曲を披露していたのですが、とても高校生が作って歌う歌ではないですね。

そしてギターのテクニックもずば抜けています。

スポンサーリンク

バンド活動も

番組では弾き語りを披露していましたが、バンド活動もされているようです。

その名も「KIDS’A(キッズエー)」

メンバーは、

高1ソウシ  作詞作曲 Vo&Gt(ボーカル&ギター)

高2ツバサ  Dr.(ドラム)

高2ユウセイ Ba.(ベース)

の3人ですね。

これだけのブレインを持った人間を支えるメンバーも大変だと思います。

見た目は子供っぽいですが中身はずば抜けていますね。

末恐ろしいです。

数々の賞も受賞

これだけのミュージシャンなので、もちろんのことながらコンテストに出場すれば賞を総なめにする勢いです。

「K-mix独立宣言ソログランプリ受賞」
「KIDS AでYAMAHA MUSIC BASH U-15部門グランプリ受賞」
「SONY×テイチク×JOYSoundメジャーデビューキミウタオーディション ファイナリスト11名に選出」

など数々の好成績を残しています。

いずれメジャーデビューということも考えられる崎山蒼志。

今後目を離せないアーティストの一人ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント