柴野大造のジェラートのお店(マルガージェラート)の口コミやアクセス!

独学でジェラート作りを学び、ジェラート業界の常識を覆してきた世界一のジェラート職人「柴野大造」さんをご存知でしょうか。

辛口で知られる審査員長が「日本で開かれる鮨の世界大会でイタリア人が優勝するようなもの」とまで発言していた世界最大のジェラート祭で史上初アジア人チャンピオンの座を勝ち取ったのです。

今回はそんな柴野大造さんとそのお店について調査してみました。

スポンサードリンク


柴野大造 プロフィール

1975年石川県生まれ

酪農家で4人兄妹の長男だったそうです。

東京農業大学卒業後家業を継ぎ、良質な牛乳を使ったジェラートを独学で作り始める。

2000年「マルガージェラート」能登本店、2004年に野々市店をオープン。

2017年11月 Sherbeth Festival (伊・パレルモ)で総合優勝し、アジア初の世界チャンピオンに。

東京には出店せず、奥能登でのジェラート作りにこだわる職人ですね。

現在は講演や後進の指導、企業とのコラボや製品開発、ジェラート業界の常識を覆すさまざまな取り組みを行っています。

日本ジェラート協会理事、アジア人初の世界ジェラート大使(伊・ローマ)。

スポンサーリンク

マルガージェラート

柴野さんのお店「マルガージェラート」についてですが、

「これから思い描くジェラートが毎日どんな人に・いつ・どのような場面で、誰と食べてほしいか、それを想像しながら作っています。」とコンセプトを掲げています。

地域素材や地元の生乳を100%したり、こだわりがたくさん感じられるお店ですね!

人気のメニューは

能登プレミアムミルク: 能登の酪農家による”限定生乳”を100%使用。
能登塩ピスタチオとオレンジバニラのマスカルポーネ: 2015年日本ジェラートマエストロコンテスト優勝
チョコラータ: 上質なカカオ、アーモンド、ヘーゼルナッツのブレンド。
ストロベリーミルク: 甘酸っぱいイチゴと濃厚ミルクのマリアージュです。
金澤抹茶: 上質な抹茶を濃いめにいれて練り上げました。.
ピスタチオ: シシリー産ピスタチオの香ばしく深い味わいです。
グランピスタチオ: 2014年ジェラート国際大会・ピスタチオ部門入賞。

ですね。

柴野さんの頭の中には1000種類以上のメニューがあるそうです。

お店には定番の物から毎月の新作が並びます。

味については言うまでもなく絶品!!

今まで食べたことのない味わいが口の中に広がりますね。

本場イタリア人の口も唸らせるものですからね。

ちなみにイタリア人にとってジェラートは生活に密着しているもので、

それこそ朝からジェラート屋さんは営業していて朝食としても食べられているモノなのだそうです。

アクセス

能登本店

〒927-0311
石川県鳳珠郡能登町字瑞穂163-1
tel&fax:0768-67-1003

営業時間/am10:00~pm6:00
定休日/3月~10月:無休
11月~2月:水曜日
駐車場/普通車15台・大型バス1台分
緑に囲まれた屋外座席(20席)でゆっくりと味わっていただけます。

野々市店

〒921-8804
石川県野々市市野代1-20-101
tel&fax:076-246-5580

営業時間/am11:00~pm 6:00
定休日/不定休
駐車場/普通車4台
定番から新作まで、素材から練りたてのジェラートが毎日12~16種お召し上がり頂けます。

ネット通販

柴野さんは「能登に足を運んでほしい」ということからお店は石川県にしか構えないようです。

地元を愛しているところにも共感が持てますね!

本当はお店で味わってほしいのですが、一応ネット販売もおこなっているようです。

通販サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする