yosu(歌手)の本名や高校は?高校野球のテーマ曲や経歴についても!

シンガーソングライターのyosuさんの歌う「HOME」が、第100回全国高校静岡大会のテーマ曲として採用されることが話題になっています。

この曲は静岡朝日テレビ「高校野球ハイライト」(土曜午後5時50分、日曜午後5時51分)と、平日夕方県内ニュース高校野球コーナーの挿入歌に採用されるようですね!

今回はそんなyosuさんについて調査してみました。

スポンサードリンク


yosu プロフィール

yosu(よす)

年齢非公開

9月27日生まれ

身長:165cm

出身地:静岡県焼津市

最終学歴:常葉学園大学教育学部卒業

大学では音楽を専攻していたようです。

教員免許を持っているようで小学校教諭一種免許、中学校教諭一種免許(音楽)、高等学校一種免許(音楽)取得と小学校から高校まで先生をできるのです!
高校生の時には静岡県高等学校総合文化祭放送部門(朗読)静岡県大会で優勝もしています。
音楽だけでなく少林寺拳法は初段、書道は三段ととにかく凄い経歴を持っています。

現在は静岡、名古屋、東京を中心に活動しています。

全国区ではまだ知られていませんが静岡県内では有名人の様で

静岡県内のTV番組でリポーター、ナビゲーター、番組MCとしても出演しています。

2013年6月、キングレコードよりメジャーデビューも果たしています。

テーマ曲

今回静岡の高校野球のテーマ曲として採用された楽曲は「HOME」という曲ですね。

この曲は2017年9月30日にリリースしたシングルのようで、サビのリズムが耳に残りますね!

覚えやすくて爽やかさもあるので高校野球にはぴったりだと思います。

MVのロケ地の学校はyosさんの母校、静岡県立島田高等学校のようですね!

出身高校 静岡県立島田高等学校

MVのロケ地ともなったyosuの母校、静岡県立島田高等学校についても調べてみました。

静岡県島田市稲荷一丁目にある県立高等学校のようで、大井川の堤防(土手)に近いため「土手高(どてこう)」とも呼ばれているそうです。

卒業生にはASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル後藤正文さんもいますね。

著名な卒業生

牧野京夫(自民党参議院議員)
後藤正文(ミュージシャン、ASIAN KUNG-FU GENERATION)
田村勤(元プロ野球選手)
三遊亭遊喜(落語家)
長谷川純矢(競泳選手)
中村幹男(元アナウンサー)
村田智啓(静岡朝日テレビ アナウンサー)

大学進学を目指した進学高で、ほぼ全員が大学、短大、専門学校に進学し、国公立や有名私大へ進学する方も多いようです。

偏差値は55ほどのようですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする