スタバ(スターバックス)のストローが紙に??使い心地や日本上陸は?

スポンサードリンク


今回はスターバックスについてのお話です。

スターバックスと言えば日本でもメジャーですが元々はアメリカの大手コーヒーチェーン店ですよね。

そのスタバのプラスチックストローを廃止するという動きがあるようです。

日本でも採用されるのか?など気になるところを調査してみました。

スポンサードリンク


海洋のプラスチック汚染

現在、アメリカでは1日に5億本のプラスチックストローが消費されていると言われているそうです。

世界中みると一日当たり,十億本以上もプラスチックストローが使用されていてそれが廃棄されています。

そのごみの一部は海洋動物に誤飲されていて、動物に危険が及ぼされているのです。

その習慣を変える試みが,アメリカのシアトルで始まりました。

シアトルでは,2018年7月1日以降,レストランやカフェなどの食品サービス業での使い捨てプラスチックストローとカトラリー(ナイフ/フォーク/スプーン)が禁止されているようです。

ストローレス運動と言われていますね。

シアトルではシアトル・マリナーズのホーム球場であるセーフコ・フィールドやNFLシーホークスのホームスタジアムであるセンチュリーリンク・フィールド,さらにスペースニードル,シアトル・タコマ国際空港といった会場で営業している200店舗のレストランがキャンペーンに参加しています。

スポンサーリンク

紙製のストロー

紙でできたストローは昔から開発はされていたようです。

ただ、紙なので耐久性に問題があったのです。

しかし、開発が進み今では耐久性も抜群に向上し海中でも生分解可能なストローの解発に成功しています。

その中でもAardvark社の紙ストローは1日中ドリンクの中に入れても漏れないほど丈夫な紙ストローなのです。

問題はコストで、紙ストローのコストはプラスチック製のストローに比べて3倍のコストがかかるようです。

今後量産されていけばコストはもっと下がると思います。

それに加え、紙なので企業の広告を印刷して広告費を得ることでコストを下げる、といった戦略になっているようですね!

スターバックスは?

スターバックスの対応についてですが、現在のところシアトルに100店舗以上あるスターバックスは紙ストローに変えているようですね!

おそらく今後シアトルを中心にこのストローレス運動は広まっていくと思います。

日本のスターバックスでも紙ストローが採用されるのはそう遠くないかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする