化女沼レジャーランドの売却金額や住所は?全盛期についても調査!

スポンサードリンク


「廃虚の聖地」として知られる宮城県大崎市の遊園地「化女沼レジャーランド」をご存知でしょうか?

名前からして少し怖い感じもしますが。

そんな化女沼レジャーランドが売却先探しに奔走しているそうです。

かつては年間20万人が来園したこともある化女沼レジャーランドですがそのような施設だったのか、気になる売却額はいくらいになるのか?

気になるところを調査してみました。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%A5%B3%E6%B2%BC%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

スポンサードリンク


化女沼レジャーランド

化女沼レジャーランドは1979年に開園しました。

元々は地元の不動産会社経営者が、故郷を活気付けようと田圃等を転用して数十億円かけて整備。当時の名称は「化女沼保養ランド」として開園しました。

敷地面積約15万平方メートルに遊具やゴルフ練習場などがを完備し、最盛期には年間20万人が訪れたそうです。

しかしバブル崩壊の影響で来園者が減少して経営が悪化し、2001年に閉園となりました。休園後の2003年に温泉掘削に成功しましたが、温泉宿泊施設として再開することなく未利用のままとなっています。

2010年頃からテレビ番組で取り上げられたことがきっかけとなり、廃虚マニアが見学に訪れるようになったそうです。最初は無断の不法侵入者が目立っていたそうですが、社長の後藤さんは廃虚マニア向けのツアーに参加した人に、特別に同ランド内の撮影を認めたそうです。

その独特な名前から心霊スポットとしても有名になったそうですが、決してお化けが出るわけではないそうです。

出典http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/kejonuma/kejonuma-4.htm

スポンサーリンク

所在地は?

化女沼レジャーランドの住所ですが、

宮城県古川市小野字遠沢10-39(現・宮城県大崎市古川小野遠沢10-39)となっています。

出典http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/kejonuma/kejonuma-4.htm

売却金額は?

社長の後藤さんは土地と設備を5億円で売却することを公表しています。

しかし現実的には5億円では買い手はついていないようです。

もし売却が成立してもおそらく3億円程度にまで下がるのではないかとういう見方が強まっているそうです。

施設

今回の売却に関しては施設も込みでの価格ということですが現在ある施設は以下となります。

観覧車(ゴンドラ12個)
メリーゴーランド
コーヒーカップ
ゴーカート
チェーンタワー
トランポリン
バンバーボード
ミニSL
アスレチック
富士重工業FA-200「エアロスバル」展示機
野外ステージ
売店
フードコーナー
(回転式)ソーメン流し会場
芋煮会会場
キャンプ場
化女沼室内ゲートボール場
レジャーパークゴルフ場(6ホール)
化女沼ゴルフ練習場
化女沼パークホテル
ホテル化女沼温泉(ラドン温泉)
化女沼お姫館
化女沼の「照夜姫」伝説を紹介する展示館

おそらく設備や施設も古いものが多いでしょうからそのまま使えるというわけにはいかないでしょうね。

温泉施設や他の慰安施設として再建する可能性はありそうですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする