和田晃一良が逮捕?経歴や天才的なプログラミング、資産についても!

ニュース番組などでコインチェックの話題が取りあげられています。

コインチェックの社長でもある和田晃一良さん。

会見では淡々と話されていましたが一体どのような人物なのでしょうか?

IT系企業といえば過去には堀江貴文さんなど、若い経営者が多く活躍されていますが今の話題の人物と言えば和田晃一良さんですよね。

気になるところをズバッと調査してみました。

スポンサードリンク


和田晃一良 プロフィール

名前:和田 晃一良(わだ こういちろう)
生年月日: 1990年11月1日

出典http://monacoin.officeblog.jp/archives/29218043.html
年齢:27歳
出身地:埼玉県入間市
出身校:西武学園文理高等学校
東京工業大学工学部経営システム工学科(中退)
職業:実業家・プログラマー

西部学園文理高校と言えば偏差値60以上の進学校としても有名です。

やはり高学歴の持ち主なのですね。

その爽やかな風貌からする実業家や経営能力が凄いのかなと思われますが和田 晃一良さんはプログラマーとして天才と呼ばれていたようです。

過去にプログラミング大会で優勝するなどの経歴もあります。

会社の経営や営業としては最高執行責任者の大塚 雄介さんに任せていたという話もあるくらいです。

小学生の時からプログラミングをはじめ学制時代にはアプリの作成を行い大学3年生のときに「コインチェック」の前身となる「レジュプレス」を創業。

仮想通貨事業には2014年から参入していたようです。

スポンサーリンク

逮捕?

さて、今回のコインチェック問題ですが被害総額580億円を日本円で返金するという趣旨の事を離されていました。

今現在和田社長やコインチェックにそれほどの資産があるわけではなく、逮捕や倒産を避けさせてくれたらその金額を補填します、という趣旨のことだと思います。

一方でコインチェックの月間取引額は4兆円とも言われています。

もしかしたら580億円ほどの資産もあるかもしれません。

しかし仮想通貨の価値自体が軒並み暴落していく状況が続けばどちらにせよ返金は難しいような気もします。

今回は第3者のハッキングによりこのような事態となりました。

和田社長がセキュリティ面をどこまで認識していたのか、という点が逮捕のポイントにはなるのではないでしょうか?

顧客には仮想通貨はオフラインで管理するという話でしたが今回の流出はオンライン上で起きています。

それが虚偽の申告に当たればこちらも逮捕につながるのではないかと言われていますね。

和田社長の資産は?

出典https://japan.cnet.com/article/35112672/

そんな和田社長ですが、コインチェックが軌道にのってからは都内高級マンションに住んでいるようです。

しかし食やファッションに興味はあまりないようで生活は地味であったようです。

ファーストフードが好きなことでも知られています。

IT企業の経営者は変わっている人が多いとも言いますが和田社長も変わり者であるようです。

某ホリエモンとの違いは地味であるところが大きいですね。

今回の流出が許されるものではありませんがもう一度再建してほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする