スカジャンの人気ブランドや元祖は?和柄から最新のものまで!

スポンサードリンク


今年大流行しそうなファッションアイテム「スカジャン」

いざスカジャンを買おうと思ったときに「どのブランドのものを買えばいいの?」となってしまったことはないですか?

オシャレさんはブランドにもこだわりたいですよね。

こんかいはそんなスカジャンについて調査してみました。

スポンサードリンク


スカジャンとは

スカジャンとはそもそも「横須賀ジャンパー」の略です。

スカジャンは日本発祥のもので、横須賀で米兵連合軍の兵士達が自分のアウターに刺繍を入れてもらったことが起源となっているそうです。

たしかに形自体はMA-1などのミリタリージャケットに近いですよね。

そもそものスカジャンの素材は軍のパラシュートに使われていたシルクに染色を施したものを使用しています。

それがあの独特のテカテカとした素材な訳です。

まあ違う素材のものも存在しますが今回はど定番のものを「スカジャン」として認識しましょう。

よく「スカジャン」と「スタジャン」を間違われる方がいますが全然違います。

スタジャンは「スタジアムジャンパー」の略で、その名の通り野球のユニフォームのアウターとして発祥したもので素材も全然違いますので注意しましょう。

スポンサーリンク

スカジャン発祥のお店 「プリンス商会」

スカジャン発祥のお店が横須賀のどぶ板通りにあります。

創業1947年の老舗で、「プリンス商会」というお店ですね。

プリンス商会のスカジャンの背中には「Japan」ではなく「yokosuka」の刺繍が入ります。

ここのスカジャンは、全ての過程が手作業で行われています。
店内はとても小さくネット販売などはされていませんので横須賀に足を運ばれるのであれば是非一度立ち寄ってください。
出典http://portal.nifty.com/2008/05/21/b/2.htm

スカジャン オススメのブランド「テーラー東洋」

次にスカジャンを語る上で欠かせないのがテーラー東洋です。

戦後まもなくスカジャンを作り始めた会社で、テーラー東洋のスカジャンは、1960年代当時、米軍PXへの納入シェア 90% 以上を占めたこともあるそうです。

価格は4万円から6万円くらいといったところでしょうか。

実物を見ると存在感が他とは違います。

ど定番のスカジャンを手に入れたい方はテーラー東洋をおすすめします。

「HOUSTON」

日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを生み出したブランド、ヒューストン。

ここ数年は数々の国内製ミリタリーアイテムを製造しており、スカジャンやMA-1といった最近のコーディネートには欠かせないアウターは年々人気が上昇しています。

価格も少し安めで2万円くらいといったかんじですね。

ビギナーの方にはおすすめです。

 ALPHA

次におすすめするのがアルファのスカジャンです。

1959年に設立されたブランドで日本でもMA-1人気で一気に有名になりましたね。

機能性も抜群なのでオススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする