チャットモンチー解散の理由は不仲説?今後の活動は?新バンド始動か

スポンサードリンク


先日11/23にオフィシャルサイトにて「LAST ALBUM RELEASE IN 2018」との告知を掲載したチャットモンチー。

そして本日11/24にメンバーの橋本絵莉子と福岡晃子が「この度私たちは、2018年の7月をもってチャットモンチーを完結させようと思います」に改めて連名で発表した。

さらに解散の理由として「今年の全国ツアー中、ツアーが終わったら次にどういうことをやろうかと考えているうちに、チャットモンチーという名前を脱いだ方が新しいところへいけるのではないかと思い始めました」としている。

チャットモンチーの経歴

チャットモンチーは2000年にGtVo橋本絵莉子を中心に徳島県にて結成。

数回のメンバーチェンジを経て2005年メジャーデビュー。

当時のメンバーはGtVo橋本絵莉子、Ba福岡晃子、Dr高橋久美子。

バンド代表曲でもある「シャングリラ」はフジテレビ系アニメ『働きマン』のエンディングテーマに起用され一気にトップシーンへ上り詰める。

2008年3/31.4/1に初の武道館公演「チャットモンチーのすごい2日間 in 日本武道館」を開催。

2日ともソールドアウトとなる。

2011年にDr高橋久美子が脱退を表明。

脱退後は橋本、福岡の二名で曲によってパートを変えるなど新しいスタンスで活動。

2013年橋本の入籍・妊娠に伴いライブなどの活動は減少。

2014本格的な活動開始としてROCK IN JAPAN 2014に参加。その際にサポートメンバーとして、恒岡章と下村亮介が参加。以降4人体制によるライブとレコーディングを発表した。福岡は再びベースを担当。

高橋脱退後、バンドの勢いは落ちたようにも思えましたが根強いファンが多かったこともあり、勢いはあまり変わらなかった印象すらありますね。

 

GtVo 橋本絵莉子の結婚相手は??

お相手はロックバンド「tacica(タシカ)」のボーカル・猪狩翔一(29)。

「私のお腹の中で、新しい命が育っています」と妊娠6カ月を発表した橋本は「皆様どうぞ、これからも、あたたかく見守っていてください。これに伴い、チャットモンチーのリーダーとしても、一皮むけるはずなので、待っていてください。お楽しみに」と喜びをつづり2010年に入籍。

元Dr高橋久美子の現在は??

脱退前より取り組んでいた作家活動に専念。画家・白井ゆみ枝と、建築家、デザイナー、映像作家、様々な分野で活躍するクリエーターを巻き込んで活動中。作家としての第一歩として「ヒトノユメin愛媛」を開催。徳島は三週間で3000人、愛媛は二週間で2000人の来場者を記録。

ももいろクローバー「空のカーテン」など他アーティストへの歌詞提供なども行っています。

現在は徳島県で主婦業もこなしつつ作家としても活動されているみたいですね。

チャットモンチー解散の理由と解散後の活動は?

解散を表明したチャットモンチーですが、今後の詳細については2018年元旦に発表するそうです。

2人組バンドの解散となってますので2人で何か活動をすることはもうないのではないかと思いますが、それぞれ新たにバンドを組むなどの希望は持てそうですね。

不仲説なども噂はされていました。

しかし元々徳島の地元から始まったバンド、不仲説が本当であればDrの高橋が抜けた時点で解散という選択肢もあったのではないでしょうか。

メンバー脱退後も様々な形で活動を繰り返してきたのでチャットモンチーとしての活動はやり尽くしてしまったのではないか、というのが率直な感想です。

しかし新しいバンド、スタイルでの今後の音楽活動という意味では、この二人からこれからも目が離せないですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする