宮田愛萌(けやき坂46)の小説「羨望」のあらすじや評判は?大学や経歴も

スポンサードリンク


宮田愛萌(けやき坂46)が恋愛小説の執筆を行ったことで話題になっていますね。

12.7発売の電子短編小説集「最低な出会い、最高の恋」(ソニー・ミュージックエンタテインメント)に収録されるようです。

小説家としての評価や腕前がどうなるのか楽しみですよね。

今回はそんな宮田愛萌さんについて調査してみました。

スポンサードリンク


宮田愛萌 プロフィール

宮田愛萌 みやたまなも
生年月日 1998年4月28日
年齢 18歳
出身地 東京都
血液型 A型
身長 157.7㎝
部活 ダンス部
兄弟 なし
趣味 御朱印集め、お菓子作り、読書、絵を描くこと、アイドル鑑賞
好きな食べ物 おでんのプチトマトと大根、
苦手な食べ物 生のネギ、チーズ、オリーブ


宮田愛萌さんは幼少期からバレエ、中学、高校とダンス部に所属していたようです。

大学に入学してからオーディションを受けてけやき坂46に入ったのです。

2017年10月に初めてのテレビ出演を果たしていますね。

さて、小説を書いた、ということですが学生時代から古典が好きだったようですね。

企画で古典の先生もしているほどですからねw

枕草子や源氏物語を皮切りに古典にハマっていったようです。

高校や大学は?

宮田愛萌さんは古典にハマっていたというくらいなので勉強もできたのかも、、

と思い高校や大学を調べてみました。

高校は神奈川県にある「私立カリタス女子高校」という高校の様です。

偏差値は60ほどなので進学校ですよね。

中間一貫校で、ミッション系のお嬢様学校として地元では知られているようです。

そして大学は國學院大學(こくがくいんだいがく)文学部日本文学科で偏差値は57ほど。

やはり賢かったのですねえ。

そして日本文学科というところが流石!という感じがしますね。

学校情報誌か女性雑誌かは不明ですが通学途中に読者モデル的なこともしてますw

國學院大學(こくがくいんだいがく)文学部日本文学科ということを踏まえたら小説も期待できそうですね!

スポンサーリンク

小説「羨望」

短編小説集「最低な出会い、最高の恋」にて作家デビューということですが、、

この作品の中には宮田愛萌さん以外にも声優・夏川椎菜、お笑いタレント・マツモトクラブと、それぞれ異なるフィールドで活躍している女性三人が登場。

3人が、三者三様の恋愛を綴っているのだそうです。

恋愛小説ということになるのですが「羨望」の意味ってご存知でしょうか?

「羨望」とは、自らの持たない優れた特質、業績、財産などを他者が持つときに起こる、それらへの渇望、ないしは対象がそれらを失うことへの願望である。羨望は他者が自分が持たない望ましい物品を持つときに、自己肯定感の低下という感情的な苦痛として現れる場合がある。バートランド・ラッセルは羨望は不幸の最も強力な原因であると述べた。妬み深い人々は自らを不幸にするだけでなく、他者が不運に苦しむことを望むからである。羨望は一般に否定的に捉えられるが、ラッセルは羨望が民主主義へと向かわせる原動力であり、より公正な社会制度実現のために認容されなければならないとも考えた。近年、心理学者は悪性の羨望と良性の羨望の2種類があると考えており、良性の羨望は動機付けの一種として捉えられている

なるほど、、、他人を羨ましく思ったり、、となると割とドロドロした恋愛小説??

いや、これは楽しみですね!

関係者による評判は上々の様ですね。

なにせ一作目ですからね。

今後なにかしらの賞を受賞出来たら凄いことですよねえ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする