坂東龍汰のプロフィールやWiki!彼女やシュタイナー、両親についても!

スポンサードリンク


若手俳優の坂東龍汰さんをご存知でしょうか?

テレビCMやドラマ、最近では映画「十二人の死にたい子どもたち」にも出演していますね。

どこか透明感があってイケメンということもあり若い女性を中心に人気ですね!

今回はそんな坂東龍汰さんについて調査してみました。

坂東龍汰さんの気になるところをチェックしていきましょう!

スポンサードリンク


坂東龍汰 プロフィール Wiki

坂東龍汰 ばんどうりょうた

生年月日 1997年05月24日

出身地 ニューヨーク生まれ、北海道育ち

資格 普通自動車免許

趣味 写真撮影、油絵、古着屋巡り

特技 社交ダンス、ギター、バイオリン、スキー、スノーボード、クレイアニメーション制作

身長 175cm

体重 58kg

スリーサイズ B87 W65 H87

足のサイズ 27cm

血液型 O型

坂東龍汰さんは透明感があるなあと思っていたのですが北海道で育ったようですね!

というか一番の驚きはニューヨーク生まれというところですね。

このことに関しても後ほど掘り下げてみます。

デビューは2017年8月なのですが、既にドラマ「花へんろ特別編 春子の人形」で主演に抜擢され、芦田愛菜と見事な演技で共演をしていましたね!

映画監督の期待や評価も高く、最近では「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督)にも抜擢されています。

坂東龍汰の出演作品は?

坂東龍汰さんの演技は若手の中でも頭一つ抜きに出ていると思います。

ドラマや映画など、これまでの出演作品をまとめてみました。

映画

2020年公開予定 「峠 最後のサムライ」(小泉堯史監督)

2019年 「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督)

2018年 「EVEN~君に贈る歌~」(園田俊郎監督)

ドラマ

2018年 「コールドケース2~真実の扉~」第8話 WOWOW

2018年 「春子の人形」主演 NHK

2018年 「卒業バカメンタリー」第10話 NTV

2017年 「セトウツミ」TX

CM

2018年 代々木ゼミナール「揺れる受験生(高卒生)篇」

2017年 「#コンパス~戦闘摂理解析システム~『#コンパス神篇』」

2017年 日産自動車「デイズルークス SUPER MOM篇」

2017年 象印マホービン「 南部鉄器極め羽釜 ハムエッグ丼篇」

2017年 ABC MART 「NIKE AIR MAX KISS MY AIRS」

スポンサーリンク

坂東龍汰の所属事務所は?

次に坂東龍汰さんの事務所についても調べてみました。

これだけの作品に出演しているのですから大きな事務所な気がしますよね。

調べてみると、、、「鈍牛倶楽部(どんぎゅうくらぶ)」

鈍牛倶楽部???

聞いたことありますか??w

ちょっと美味しそうな名前の事務所ですが、、、

調べてみると、、実力派の俳優・女優を多くマネージメントしている大手の事務所でした。

オダギリジョー、小林稔侍、長塚圭史(常盤貴子の旦那)など実力派の俳優が所属しています。

他事務所との違いとして、映画監督や脚本家もマネージメントしている事務所なのです。

となると映画などには強いですよね。

坂東龍汰さんの演技力もメキメキ上達していくでしょうね!

坂東龍汰の熱愛情報や彼女は?

坂東龍汰さんの彼女や熱愛情報についても調査してみました。

今のところ目立った情報は出ていないようですね。

まあこれだけの男前ですからモテるとは思いますww

とあるインタビューで「好きな女性のタイプは優しくて周囲に気配りができる人。センスを感じる人。」と発言されています。

坂東龍汰さんの性格も真面目そうですからね!

見た目よりも内面で選ぶタイプなのかもしれませんね!

坂東龍汰の両親は?

坂東龍汰の両親についても調べてみました。

ニューヨーク生まれという話もありますからね。

とあるインタビューで坂東龍汰さんは自信の父親について「破天荒で自由な人」とコメントしています。

調べてみたととこ、芸能関係ではないようです。

父親の仕事の影響でニューヨークで生まれ3歳の時に北海道に移住したようです。

貿易関係かなにかですかねえ。

また情報が分かり次第追記したいと思います。

坂東龍汰とシュタイナー教育

坂東龍汰さんはインタビューで「3歳から18歳まで北海道でシュタイナー教育で育ってきた」と発言されています。

シュタイナー教育??

ご存知ですか?

シュタイナー教育とはオーストリア(現在のクロアチア)生まれの哲学者、ルドルフ・シュタイナー博士(1861-1925年)によって提唱された「自然な中で自由に育てられ創造力を育てる教育」のようですね。

そして北海道でシュタイナー教育を行っている学校は学校法人北海道シュタイナー学園「いずみの学校」のみなので「いずみの学校」出身であることは間違いないでしょうね。

教育の特長として

0~7歳 …「からだ」を育てることが一番大切な時期
7~14歳 …「こころ」を育てることが一番大切な時期
14~21歳 …「あたま」を育てることが一番大切な時期

という感じでその時その時に最適な教育を行うようです。

自由とありますが、あくまで学力もしっかりと教育していくようですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする